ホーム > プログラム > ニュース

ニュース

工芸体験事業者の方へ「英語でワークショップ」

金沢大学准教授のマーク・ハモンド氏による工芸体験の講師の方や、従事者に向けた講演会です。
ワークショップを企画するにあたって感じる疑問や不安を解消しましょう。

日時 平成30年10月20日(土) 17:00~18:00+質疑応答
料金 無料(オリジナルパンフレットを無料で配布します)
場所 石川県立伝統産業工芸館1F

2018.10.11 Traditional Art & Craft of Ishikawa

秋のミュージアムウィーク

「蒔絵のトレーをつくろう」

日時 平成30年10月20日(土)、10月21日(日)
10:00~16:00(※休憩なく体験を行います)
講師 伝統産業青年会議
会場 伝産館1F
体験内容 小さなトレーやお皿にお好きな絵柄で蒔絵をします。 当日お持ち帰りしていただけます。事前申し込みは不要です。
所要時間 30分~1時間程度
体験料 1,500円(円皿)、2,000円(トレー)

音楽の秋!ミュージアムウィーク ミニコンサート「弦楽の響き」

日時 11月1日(木) 14:00~
演奏 根来かなう氏(ヴァイオリン)
高田愛子氏(ヴァイオリン・ヴィオラ)
申込 不要・無料

「チェロ・ソロコンサート」

日時 11月17日(土) 15:30~
演奏 吉井健太郎氏(元ウィーン交響楽団首席チェリスト)
会場 伝産館1F
申込 不要・無料

2018.09.05 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「7COLORS!!-金沢仏壇7色の職人展-」

金沢仏壇は「木地師」「宮殿師」「木地彫師」「塗師」「箔彫師」「金具師」「蒔絵師」、7人の職人の分業によってつくられています。この展示では伝統の技を受け継ぐ若き仏壇職人たちの仕事内容を紹介し、ひとつの仏壇ができるまでの過程を展示します。

会期 平成30年10月19日(金)~12月10日(月)【第3展示室・1Fギャラリー】
平成30年10月20日(土)〜12月5日(水)【第4展示室】
9:00~17:00(但し最終日は何れも15:00終了)
※11月15日(木),12月6日(木)は休館
会場 石川伝統産業工芸館2F第3企画展示室、第4企画展示室、1Fギャラリー
展示内容 金沢仏壇の展示及び金沢仏壇の工程や道具、資料の展示
出展業者 金沢仏壇商工業協同組合青年部
池田拓朗(㈱池田大仏堂)
大竹喜信(匠楽 大竹仏壇製作所)
斎藤 美知代
杉林 孝幸
平岡雅宏(平岡仏壇木地製造)
山田 晃輔((有)山田仏具店)
山本 拓(塗工房 やまもと)
塗師岡 聖治((政)塗師岡仏壇店) (敬称略)
入場 1Fギャラリー 無料、
2F有料:大人(18才以上260円・65才以上200円)小人(17才以下100円)

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2018.10.11 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「珠洲焼~黒灰色のかがやき~」

「幻の古陶」と呼ばれた珠洲焼は、1976年(昭和51年)約400年ぶりに珠洲市が復興の機運を立ち上げ、1989年には石川県の伝統的工芸品の指定を受けました。珠洲焼は、現在その素朴で力強い美しさに人気があり、創炎会の作家を中心に須恵器の系統を受け継いだ伝統の技に、現代の技を加え、多彩な作品が制作されています。珠洲焼の魅力を思う存分観て、触れていただける企画展です。

会期 平成30年10月19日(金)~12月10日(月)
9:00~17:00(但し最終日は何れも15:00終了)
※11月15日(木),12月6日(木)は休館
会場 石川伝統産業工芸館1Fギャラリー
展示内容 珠洲焼の作品展示・販売、パネル展示、DVD放映他
実演 10月20日(土)・21日(日)の2日間、午前10時~午後3時まで工芸館東口エントランスホールに於いて、珠洲焼伝統工芸士による実演を行います。
出展業者 木澤孝則、小西栄一、篠原敬、清水武徳、田端和樹夫、中山達磨、西絵美、干場幸雄、山田睦美(敬称略)
入場 1Fギャラリー 無料

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2018.10.09 Traditional Art & Craft of Ishikawa